[過去ログ] 100-118


旧気まぐれ日記の過去ログです。
2004年5月22日~2006年1月2日掲載分になります。
↓続きはこちらから
  
 


20060102 新年日記118
あけましておめでとうございます。
旧年中……というか11月から12月いっぱいまで、ほとんどヒッキーで仕事しとりました。いろいろ不義理にしていた方々、すみませぬ……。
さて仕事関係の近況報告を。
▼フルメタ
今月二〇日前後に、最新刊の『燃えるワン・マン・フォース』(以下OMF)が出ます。連載版の内容にあれこれ加筆修正したものです。宗介の過酷な春休みといった感じで、全体からみると通過点にすぎない話なのですが、これを書いていて自分はいろいろと重要な決断をすることになりました(いや、悪いことじゃないから。ご安心を)。
OMFの続きなのですが、すこし休みをいただいてからドラゴンマガジンで連載再開する予定です。準備してしっかりした構想を考えないと、どうも自分は話が迷走しがちなものでして……。いましばらくお時間をいただけたらと思っております、はい。
TSRのDVDは現在もリリース中です。おかげさまで、なんだかんだで好調な様子。ヒット御礼のおまけとして、12月発売の限定版(?)にはボン太くん熊手ストラップがついてるそうです。さらには今年、大きなボーナス企画が!? 現在進行中です。
▼『ドラグネット・ミラージュ』
竹書房さんの新レーベルから、新シリーズの小説が今月二〇日に発売になります。80年代的ポリスアクション&骨太ファンタジー風味なお話です。イラストレーターは『ナツノクモ』などでご活躍中の篠房六郎さん。圧倒的な画力とセンスで骨太な世界観をどどーんと作り上げてくださってます。自分は原案参加という形ですが、賀東エッセンス(?)はきっちりかっちり入っているので、興味のある方はぜひご一読ください。
その他もいろいろと進行中だったりしますが、とにかくまずはフルメタ優先のつもりです。今年もよろしくお願いいたします。
————
追記
竹書房さんの方で公式できてたみたいです。こちら~。
http://www.takeshobo.co.jp/html/shousai/ichioshi/zeta/
20051021 TSR日記117
TSRが終わりましたな。
今回はふもっふよりもさらに増してスタッフの一人として深く係わらせてもらったので、なんか「すげーだろ!?」とか言う感じでもない気分だったり。変な表現なんだけど、そういうのだと自画自賛っぽいというか、なんというか(汗)。
そんなわけなので、『楽しんでいただけたでしょうか?』という感じでしょうか。
まあ、あれです。前に『コメディの方が難しい!』とか書いたことあったような気がするんだけど……ごめんw、シリアスもやっぱり大変だよネ!(←苦労するまで学ばない奴)
全体の構成については、今回はほとんど自分が組み立てたので(もちろん入念な相談はしたけど)、視聴者さんになんか不満があったら……すんません、かなり俺の責任です。でもまあ、あんな感じがいいかなー、と。いろいろみんなで考えたんだけど、やっぱ、あんな感じかなー、と。でもって、やってよかったなー、と。
最終話はどうしてもあの辺りからスタートしたかったのですよ。もちろん前話でかなめが出てきて宗介がしばかれて、やる気出して「さあ、次週で大暴れだ!」ってつなぐのも、みんなで普通に考えたわけなんですが。ちょっとそれだと、波が途切れて爽快感落ちるかなあ、と。尺のことはかなり心配だったんですが、WOWOWさんの超絶特別なご厚意とスタッフ諸氏の大奮闘で、大幅に時間を確保していただいたそうです。感謝の意味でもなるべく加入しましょう。
とにかくもー、関係者の皆様、そしてなによりたけもっさん。ありがとうございました。すばらしい絵、すばらしい音、すばらしい演技、すばらしい編集。なんやかんやで、なにしろみんな大変だったわけなんですが……
「ま、運が悪かったネ!(byゲイツ先生)」
ごめんなさい、うそです。大感謝です。
で、次回作とかは……ええ。ホント、DVDのね? まあ、数字とかなんだとか次第になっちゃう感じでしょうし。簡単に出せるお金じゃないのは分かるんだけど、その、なるべくね? まあ、できれば……
チャンスをくださ~~~~い!!!!!!!!
20051016 いろいろ日記116
最近のあれこれー。
▼TSR
今週でいよいよ最終回ですな。まあ、見てください。ふっふっふ。
っていうか、すげー!リスク承知で数話かけて積み上げてきた空気が変わる瞬間が、もう。
おわったらちょっとまた書きます。
▼ドラマガ連載
250号記念にオヤジだらけの話ってどうよ、とか思ったりはしたのですが、マデューカスのお話です。とかいいつつ、実はシリーズ全体の根幹にかかわる設定をちょこちょこ描いていきます。
このあたりを片付けてから、OMFの続きに入ろうかと。
▼その他あれこれ
今月のアームズマガジンさんにインタビューのってます。濃い話が普通にできて楽しかった…!
もう締め切っちゃいましたが、今週末に桜庭一樹さんと公開対談します。
まだ出ませんが、とある本でこないだ『ぺとぺとさん』の茗荷屋さんと対談しました(実は遊演体時代からの縁)。
アトリエ彩さんからASのフィギュアが出ます。まだ手にとってないんだけど、すごい出来よさそうです。
次の新刊はOMFになりそうです。遅くてごめんなさい。
20050812 スーパーロボット日記115
毎度毎度、筆不精でもーしわけない。
ふもっふの時みたいにTSRの話も毎週しようかと思っとったんですが、この体たらくです。
ちなみにファミ通に記事が載っていたそうなのですが、9月予定のスパロボJにフルメタが参戦なのです。
ただただ光栄のきわみ。
でもって。
いちおう原作者のところにチェック用のシナリオが送られてきたわけですわ。
もちろん複雑で大変なスパロボのシナリオに口を出すほど野暮ではないので、最初から完全OKで楽しく読んだわけなのですが。
もうね。
スパロボでしかありえないような台詞に脳汁でまくり。
「M9の残骸だ。機械獣にやられたか」
とか。(そりゃ勝てんわ)
「敵アームスレイブ多数! それと…八卦ロボです!」
とか。(すごい混成部隊)
「ガウルン! 本当のマジンカイザーの力をみせてやるぜ!」
とか。(ガウルン、幸せな奴)
もう最高。
20050715 TSR日記114
っていうか、これ日記じゃないよな。今更だが(汗
で、放映されましたが、どんなものでしょうか、TSR。
ちなみに作戦行動を描くと、必然的にTLのマオ姐さんの台詞がものすごく多くなるのですな。かっこいいよ姐さん!3話4話も出ずっぱりです。
ついでにちょこっと用語解説。分からなくても楽しめるように気を使っているので、あくまで雰囲気ワードですが。ええ。
▼ADM…先進型データモデム。機体同士のデータリンクに使います。造語です。米軍のSINCGARS(実在のデジタル通信システム)より性能よさげですが、閉鎖空間ではやっぱり弱いです。この辺は3~4話で描かれます。
▼ECS…長編ファンならおなじみ。電磁迷彩システム。
▼ECCS…対ECSセンサ。
▼トリプルA…AAA。対空砲って意味なのですが、対空ミサイルも含めて使うみたいです。
▼フリップ・エンハンサー…なんか、レーダーの反応をわざとでっかくする装置らしいです。
▼SUBLARS(サブラース)…潜水艦発射式ロケットシステム。架空兵器です。TDDはアーセナルシップぽい運用も考えられてるみたいです。
▼いいくにつくろう室町幕府…いくら平行世界でもこれは間違いです。
20050701 放置しすぎ日記113
またもや長期放置でもーしわけない。
最近の仕事関係でご報告~。
▼「フルメタル・パニック! The Second Raid」
3度目のアニメ化です。
7月13日(水)24時から、WOWOWさんでスタート。
毎週水曜、深夜24時からノンスクランブルです。
あと、R-15ってことで15歳(16歳?)以上推奨になってます。
かといってエロとバイオレンスだらけ、ってわけではなく、いろいろと表現の自由度が欲しかったからこうなった~ってくらいの話みたいです。
すでにほぼ完成状態の第一話は見ているのですが、いやー、すごい。動く動く。あと、ぜひとも5.1chで視聴して欲しかったり。大迫力ですよ!
▼『悩んでられない八方塞がり?』
七月の新刊で短編集です。あれこれ大幅に加筆修正してあります。ひさしぶりにバカな方の宗介を書いたので、なんか新鮮。
▼ドラマガ最新号
巻頭特集です。連載の方は……
悩みに悩んだ末ですが、ああいうことにあいなりました。
もともといまのシリーズは、宗介本来の世界を描くつもりで始めたものだったので、序盤のノリがヌルい感じになってしまったことが、むしろいまの流れとのバランスを欠いてしまった感があります。いやもー、申し訳ない;;
なんとかリカバーしなくちゃね……
あと館尾さんのコミック最終巻(おつかれさまでした!)が発売中。
ドラゴンエイジ誌上では、新たに上田宏さんによる新シリーズが展開中です。
20050329 銀河ヒッチハイク日記112
うおー! 『銀河ヒッチハイクガイド』が復刻だってよ!
http://www.excite.co.jp/book/news/00021111846394.html?amzid=char-22
するってえと、ひょっとしたらアレか!?
幻の四巻「さようなら、魚をどうもありがとう」も出るのか!?
落ち着け俺。DON’T PANIC!
20050311 ムントCM日記111
いや、まあ。
きれいなプロの声優さんの声よりも、ダメダメな素人の声が流れた方がむしろ目立つかなー、と。
まあ、そんな試みでお声がかかったわけなんですが。
CMの話が出たときの経緯。
角川I氏「今度、ムントのCMを流すことになったんですよー」
俺「ほうほう、それはなによりですな」
I氏「それでですね、そのナレーションを--」
俺「(ギャグのつもりで)なるほど、俺にやれと?」
I氏「ええ。ぜひお願いします」
俺「…………(ほ、本気?)」
ごく真面目な顔のI氏。京アニのH社長はニコニコ顔。
で、ごめん。面白そうだから受けちゃった。
マイクに向かって叫んでみたよ。無理矢理テンション上げて。
猛烈に恥ずかった。
特にあれだ、収録中に何テイクもとるあの『間』、あの『雰囲気』がきつい。
一人っきりでブースにこもって、静かな中で
「発売中~~!!」
とか無理して陽気に叫ぶわけだよ。
その、次の瞬間の沈黙が辛い。
しーん、となって、防音ガラスの向こうでスタッフの人たちが技術的な相談とかしてるわけよ、真面目な顔で。
会話の内容はこっちには聞こえないし。
でもって、不安がずんずんと高まったところで、スピーカー越しに『はい、もう一度やってみましょうか』とか事務的に言われちゃうわけなんだよ。
これを繰り返しながらテンション保つのは、もー、ハンパじゃない。
声優さんってホント偉いのね……。
そんなこんなで、ああいう体たらくですが。
木上さん、ムントのスタッフのみなさん、すびばせん(泣)
ちなみに肝心の作品については、ここ。
http://www.munto.com/data/mein/
いやもー、俺見たけどホントすごいっすから。前作とあわせてぜひご覧ください。
20050109 お詫び日記110
いろいろあって年賀の返事さえ手についてません。
年賀状、年賀メールくださったみなさま、ごめんなさい。
20050103 新年日記109
あけましておめでとうございます。
今年もいろいろありそうです。がんばりまっす。
20041212 文明病日記108
先日京都アニメーションさんの社内旅行&忘年会にお邪魔させてもらった。
京都アニメさんの社内旅行は学校の遠足っぽいアットホームな趣があって、いろいろなイベントがあったりする。
嵐山のトロッコに乗って、往復してる間にペーパークイズにチームで回答する…なんて企画もあった。でもってその問題が、国語の慣用句の穴埋めクイズだった。「泣きっ面に○」とか、「○○○猛々しい」とか、そんな感じの。これくらいなら簡単なんだが、実際の問題はえらく難しい。俺、国語の成績、昔から最悪だったのに(作文の評価も最低だった)。
俺はそのイベントに参加している唯一の「作家」。
でもわからない。作家だけど。わからないんだ。難しい慣用句なんて、どーせ作中じゃ使わねー、なんて思ってろくな勉強もしてこなかった。必要なときは検索すりゃいいしな。そもそも高3のころの偏差値、38だったし。
チームメンが悩みつつも回答を書き込むそばで、「ああ、そうだった、そうだったっけ」などと情けない相槌を打つ俺様。ホントは分かってない。
文明に毒されたダメ人間らしく、「くそっ、ラチがあかん。ググろう。だれかノーパソ持ってるか? このトロッコに無線LANはあるか!?」だのと騒ぐも、LANが付いてるトロッコなんぞありえねー。しかも山ン中でIモードも使えない始末。
で、けっきょく順位は25チームくらいの中で23番。ほとんどのアニメーター(年下の女の子だらけ)に負けた。
無念っすTT
まあ、俺のチームは嵐山の燃えるような紅葉に目を奪われて、半分も問題解けなかったのが最大の理由なんだけどな!
大事なのは詩情だよ、詩情! 感性なんだ!
…と、言い訳してみたり。
20041103 放置しすぎ日記107
この日記をチェックしてる友人から、「ずっと書き込んでない、大丈夫か。なにかあったのか」とか心配されてしまった。
いやもー、全然大丈夫。
っていうか、仕事にヒイヒイ言ってたりイベントが多かったりしてネット離れしてる時期は、書き込みも自然とおろそかになるのだな。ホントそれだけ。
あと、ラーズグリーズ航空隊の指揮をとるのが忙しくてな!
まあ、エースコンバット5の話だが。
ACEモードもクリア。ファルケンも買ったぜ。
っていうかよ、ナガセ。レースクイーン風情が俺の二番機なんて気取るんじゃねえ! ブレイズとか呼ぶな!
俺をだれだと思ってる? あのエルジア空軍黄色中隊を単機で全滅させたメビウス1だぞ?
だいたい援護モードにしてるのに、俺のミサイル警報鳴りっぱなしじゃねえか!
まったく俺が幸運にも、後ろに目がついてて、ミサイル避けの魔法を使うアスラン空軍外人部隊級のエースだったからいいようなものの、並みのパイロットなら何十回も死んでるぞ。
そんな調子でご満悦。
たけもっさんに「部下のダヴェンポート大尉が戦死した」とか、エースの悲哀に浸りきったメール送ったら、「わかったから仕事しろ」との冷たい返事。
ちくしょう! あの野郎、PS2持ってねえからヒガんでるんだ!そうに違いない!
あと、ドラマガ最新号の特集ページは、俺のコメント(ちょっと誇張あり)がやたらフォントでかくて恥ずかしかったです。
20040827 業務連絡日記106
故あって遠くにいきます。一週間ぐらい。
知人友人、仕事関係者のみなさま、よろしくです。
20040730 クモ男日記105
ちょっと前の話なのだが、スパイダーマン2を観てきたよ。
期待はしてたが、あそこまで泣かされるとは思わなかった。
わかる、わかるよピーター。
っつーか、メイ叔母さんにああいうこと言わせるの反則だって。あれ飛び道具。ずるいよ。(号泣)
やっぱりサム・ライミは最高だなあ。
よーし、がんばって生きるぞー!!(5日の日記参照)
—————–
で、そろそろ発表になったようですな。
三度目のアニメ化です。
監督はたけもっさん。
それ以外は全部内緒(だった。たぶん)。
ご期待あれ。
20040728 超苦言日記104
近所にラーメン屋があってな。
どこぞのラーメン評論家が、なんかのメディアで褒めたのがウリで、けっこう客も入ってる。
で、いちばん近いから、どしゃ降りの雨で遠出したくないときなんかに食うわけなんだが。
別にどーってことねえ味なんだよ。いろいろ出汁とか麺とかこだわってるらしいんだけどな。よくわかんねえ。それよりは、そこから100メートルくらい離れたところにあるフツーのラーメン屋の方が断然好きでさー。つまんねー普通のオヤジがヒマそうに巨人戦の中継見てるような店だよ。でもうまいんだ。俺はあの店のラーメンの方が絶対にうまいと思う。ラーメン評論家のいうことなんか知ったことじゃねえ。
で、「ライトノベル完全読本」を読んだ。
盛り上げてくれてるところに水を差すようで大変申し訳ないのだが、
「書評宣言」なんて言われてもなあ。
「文壇で正当な評価」ァ?
「語るべき価値のある作品」ンンン?
おいおい、待ってくれよ。それじゃ俺の立つ瀬ねえじゃんよ。
ジャンクフードでいいんだっての。余計なお世話。
っつーか、ジャンクフード業者に謝れ。
モスはちゃんとうまいだろうが。マックは安くて大助かりだろうが。
いやな予感したんだ。アンケートでああ答えておいてよかったよ。まったく。
ああ、それから。
物欲しげな顔で自分の作品を『偉い人』から『評価』してもらえることを期待してる新人諸君、作家志望者諸君へ。
気をつけろ。君の仕事は『読者』を楽しませることだぞ。
それだけは絶対に忘れるな。
————-
あー、わーってるよ。
俺だってこんなこと言いたくなかったんだって。
でも仕方ねえだろ。物事には限度ってもんがあるんだから。
ほっとくと何年後かに「最近売れてる●●●、これはライトノベルではない」とか言い出すバカが、必ず出てくるぞ。やばいんだって。
20040717 訃報日記103
小説家の吉田直さんが15日に病気でお亡くなりになったそうです。
去年、飲みの席で「GFFのディープストライカーがどこにも売ってない~」とぼやいたら、数日後わざわざ「いまラジオ会館で売ってますよー」と連絡してくれた吉田さん。おかげで買えた機体は、いまでもすぐそばに飾ってあります。ろくにお礼する機会もありませんでした。もっと仲良くなりたかったです。
ご冥福をお祈りします。
20040705 現実逃避日記102
USBメモリのデータが逝ったー。原稿消えたー。もう死ぬー。
近くの線路(井の頭線)に飛び込みます。
仕事関係者の皆様、鉄道職員と沿線住民の皆さん、迷惑かけてごめんなさい。そしてさようなら・・・。
————–
(15分後)
よく考えたら「スパイダーマン2」をまだ見てないので死ねないことに気づきました。
あと、今年はエースコンバット5も出るし……。
仕方がないので一枚目からやり直します。
生きよう……。
20040522 サムライ日記101
「ラストサムライ」のDVDを見た。
劇場でも見たんだが、日本の役者のかっこよさと存在感に感激。
っつーか、アメリカ人の製作者にあんなこと言われて励まされちゃって、情けないよ、俺ぁ。
で、ずっと昔の「ブラックレイン」(これまた日本人がメチャクチャかっこいい)を見たときも感じたのだが……
要するに、撮り方が悪いということか?
(……あ、でもこないだの「座頭市」はすげえよかった。ラストのタップダンスは正直どうかと思ったが;;)
あと、やっぱり真田広之は「強い男」の方が似合うよな。
女子高生に振り回される役とか、見てて哀しかったもんな!


カテゴリー: 気まぐれ日記にゅー パーマリンク